品川・五反田のゴルフ練習場・フタバゴルフガーデンの所属プロ紹介

フタバゴルフガーデン 所属プロのご紹介

HOME > レッスン・スクール> 所属プロ紹介

料金・システム

ヘッドプロ / 金子 登喜雄プロ

専属ツアープロ / 金子 登喜雄プロ

PROFILE 14歳からゴルフを始め、24歳でプロデビュー。さまざまな大会で歴戦を重ね、現在はシニアトーナメントに出場している。2007年からフタバゴルフ・ガーデンでレッスン・スクールを担当。「レベルに合わせて実践的な上達ができる」と多くのゴルファーに師事され、予約の大半はリピーターで埋まる。ジュニアの育成経験など、豊富な指導実績から生まれた独自のコーチングで、多くのゴルファーから厚い信頼を得ている。


MESSAGE 実践で役に立つフォームが身につくようにアドバイスをしています。でも、初めて僕に習う人はびっくりされることが多いようですね。たとえば、右利きの人は、利き腕の右はそえる感じでグリップを軽く握り、左を振り抜くように打つのがいいフォームと思い込んでいたりします。それがゴルフのマニュアルになっているんですね。
でも、実際のコースは草や土が相手。利き腕ではない左では、力が出なくて振り抜くことなんてできないんです。草は切れないし、土にスイングを邪魔されます。だから、僕は利き腕で振り抜くように説明しています。
ゴルフは歴史の古いスポーツですから、スキルアップの理論がいろいろ体系化されています。書籍もいっぱいあります。でも、それらの理論のほとんどは、欧米人のために考えられたもの。身長も、手足の長さも、筋力も、日本人とはまったく違いますから、どんなにその理論が素晴らしくても、日本人である自分に当てはめようとするのは無理があるんです。
右利きの人が、欧米の左利き用のスイングを覚えても上手くなるはずがありません。腕力のない人が、パワーのある人のスイングを手本にしても飛ぶはずがないんです。だれかの型にハメようとしたり、著名なゴルフ理論を基本にするのではなく、その人だけの、その人に合う基本を見つけてほしいですね。
そのためのアドバイスやサポートをするのが、フタバゴルフのレッスン・スクール。多くの人が悩んでいる“クセ”も、実はその人のゴルフを伸ばす大切な個性だったりします。理論では間違っているとされていることも、その人にはしっくり馴染むことかもしれません。考えすぎて、自分のよさが見えなくなったら、私たちにご相談ください。あなた本来の基本と個性を解放します。

 
山田 彰彦プロ

専属ティーチングプロ / 佐藤 盛春プロ

PROFILEティーチングプロA級ライセンス保有。ダウンブローの神様と謳われる陳清波プロに師事し、シンプルで実用性の高いスイングを中心としたレッスンに定評がある。1977年より37年間、大井町にあった品川ゴルフセンターにてヘッドプロを務め、今までに数千人のゴルファーを指南、現役ツアープロである中田範彦プロも輩出した。優しい人柄で男女問わず多くの年代の方から慕われるプロ。


MESSAGE私自身、1970年に脱サラし、陳清波プロに師事するまでの間、我流にてプロゴルファーを目指しておりました。

ですから伸び悩んでおられる我流ゴルファーの方々を導く方法は誰よりも心得ているつもりです。

またゴルフをこれから始める方々にも、年齢別にマッチするゴルフスイングおよびコースマネージメントを考え
幅広い年齢層に向けたレッスン方法を行っております。

43年間のレッスンで培って来た経験が、きっと皆様のお役に立つと信じております。

このページのトップへ